便秘は、ウソをつかない
ホーム > お通じ > 便秘を良くするためにしてみたこと

便秘を良くするためにしてみたこと

便秘を良くするためにしてみたことを紹介します。

女性はお通じが悪い方って結構いらっしゃいますよね。

かくいう私もその一人です。

毎日毎日悩んでおります。

ヨーグルトがいいと聞くとヨーグルトを毎日食べたりしました。

以前にテレビCMを見て「これはいい。」と思い、とある指定医薬部外品の錠剤を飲みましたが、これは私の体には合わなかったらしくて、お通じは良くなりますがガスの量もかなり増えて大変な思いをしました。

できたらお通じだけ良くしたいものですよね。

私は食事は洋食や中華が好みなので、食べていたお通じにいい発酵食品といえば乳製品が主でした。

ですが、大好きなヨーグルトや牛乳を摂り過ぎるとガスがお腹にたまって痛くなり頻繁にガスを出すことになるので、毎日食べたり飲んだりすることができないことになります。

すると、当然のことながら便秘になってしまうのです。

便秘になってしまったら、いくら食べ物でどうにかしようとしても難しいので最後にはお薬に頼ってしまっていました。

お薬を飲むと、お通じはありますがお腹が痛くなってしまいます。

どうにかして自然なお通じをということで、私達日本人の腸内にはやはり日本古来のものがいいはずだと思い、私はヨーグルト等と同じ発酵食品である味噌などを頻繁に摂るようにしました。

以前は味噌汁なんかほとんど飲まなかったのですが、なるべく毎日飲むようにしてみました。

具には必ずきのこやわかめを入れます。

きのこやわかめには食物繊維が豊富ですからね。

食物繊維は不溶性のものと水溶性のものとがあります。

わかめは水溶性の食物繊維が豊富なので、便を柔らかくしてくれるのです。

不溶性のものをたくさん食べてもそのまま便が硬くなってしまうので、野菜ばかりではなく水分をたくさん取ることも大事なのです。

味噌汁だとそれが一気に解決できてしまうのでとてもお勧めです。

以前は運動を全くしていなかったのですが、最近は脇腹を伸ばすストレッチなどを少しですがしています。

このストレッチによって丁を刺激することになりますので、それも功をそうしていると思います。

便秘を治したい お通じがないので

おかげで最近は毎日お通じがありますよ。